仙台公演終了しました&告知その1「ネットセミナー」

仙台公演は無事に終了。足を運んでくださった皆様に感謝感謝。でも公演が終了してからが忙しい忙しい。ちょっとぐるぐるしています。

取り急ぎ、告知です。明日のイベントなんですが、急遽、仙台会場の進行を仰せつかりました。私はお客で行く予定でした。海外の創造環境や海外研修に興味のある劇作家・演出家・俳優・ダンサー・アートマネージャーなら見逃せない企画だと思います。詳細・お申込みは以下。


ネットセミナー「海外研修サポートセミナー2008」

東京で開催される芸団協セミナーを、札幌、仙台、大阪、広島、福岡の5か所の
会場にインターネット中継します。これまで地域では受けることが出来なかった
セミナーを地域にいながらにして受けられるようにする試みです。

*映像・音声の品質は、YouTube程度となります。当日の回線状況によっ
ては、映像・音声が一部乱れる可能性もあります。ご了承ください*

日時:2008年11月17日(月)報告交流会 19:00-20:45
会場:せんだいメディアテーク2階会議室
料金:500円

申し込み方法 下記問合せ先に、以下の事項をお申し込みください。
(電子メールの場合は件名を「ネットセミナー希望」としてください)
1.名前
2.電話番号
3.メールアドレス
4.所属(あれば)
5.聞きたいこと(複数可)

問い合わせ先:TIME Create
メールアドレス:tc-tama@k5.dion.ne.jp
電話番号:090-6850-8165

研修報告

小野寺 修二(パフォーマー・ディレクター)
北海道生まれ。95年、パフォーマンスシアター「水と油」を結成。国内外におい
て公演活動を行う。
「水と油」は、第2回朝日舞台芸術賞寺山修司賞をはじめ複数の賞を受賞したが、
06年活動を休止。
06年9月より1年間、文化庁新進芸術家海外留学制度の研修員としてフランス・パ
リに滞在。
作品はパントマイムを主体とした身体表現で、台詞を使わずに寓話性のある舞台
を創ることを旨とし、帰国後、『空白に落ちた男』『隣人』『Xのフーガ』など
の作・演出を手がけ、注目を集めている。

高瀬 磨理子 (新国立劇場 制作部演劇専門職員)
千葉県生まれ。90年より松竹歌劇団に所属し、ミュージカル劇団としての再生化
の運営・制作に携わる。
93年より松竹・演劇部にて制作助手として多数の演劇制作に参加。97年より新国
立劇場制作部に。
主な担当作品に『野望と夏草』『セツアンの善人』『太平洋序曲』『母たちの国
へ』『透明人間の蒸気』『浮標』『アジアの女』『屋上庭園/動員挿話』など。
2006年11月より200日間、文化庁新進芸術家海外留学制度により英国ウェールズ
の国立劇場級の劇場、クリューイド・シアター・カムリなどで研修。

セミナーの詳しい内容は>>>こちら
仙台会場では第2部の報告交流会が中継されるとのことです。
[PR]
by every_tue | 2008-11-16 13:58 | お知らせ


<< 告知その2「ぶらんこ乗り」 仙台公演楽日 >>