杜の都の演劇祭(個人的なまとめ) かきかけ

まとめと言っても本当に個人的なものです。そして杜の都の演劇祭はまだ終わってなくて、ラスト演目「皆々様へ」の上演中なんですが(1/27現在)、スケジュールの都合で見に行けない。残念。

私は完全に客席から参加した演劇祭だった(生田に稽古場に見に来てと言われたのですが、本番を楽しみにしていたので断った)ので、客席視点でまとめてみようかなと。

◎とりあえず観にいけたもの。
プログラムB「ぶらんこ乗り」※ディレクター:生田恵(三角フラスコ)・出演:河本久和(空の驛舎)
プログラムE「星の王子さま」
プログラムF「東京日記」※演出:菅原玄哉(office-over)
プログラムG「見えない人間の肖像」※出演:瀧原弘子(三角フラスコ)・ディレクター:真田鰯
プログラムH「世界は蜜で満たされる」

演目後に追記したのは、昨年の三角フラスコ#30「NO fear」3都市ツアーに参加していた/関わってくれていた方々です。ほぼ同時期に開催されたものもありました。みんな体力あるなー。

個別の作品の感想はCoRich舞台芸術!にちょこちょこ書いていたのですが、全体的に満足感の高いものでした。どの会場でもお客さまがリラックスして楽しんでいる様子が感じられました。

(この記事つづく:どんどん追記していきます)
[PR]
by every_tue | 2009-01-27 09:21 | 演劇制作


<< 三角フラスコ#31「蝶のやうな... ライオネル・ファイニンガー展「... >>