きゃくえんさん

三角フラスコ「蝶のような私の郷愁」に客演してくれている俳優・飯川晃さんです。仙台の演劇集団LadaTrossoに所属しています。

彼と作品を作るのは、2005年の11月に上演した三角フラスコ#22「冬、燈」‐四季ケ丘公園の近く、ワニ、煙の街‐以来、久しぶりの三角フラスコへの登場です。

c0151311_8385725.jpg

稽古場での飯川さん。RADIOHEADのTシャッツを着用していることが多いです。

今回は二人芝居の作品なので、飯川さんも一緒になって色々アイデアを出しながら、稽古が進んでいます。彼は仕事の都合で2年半の間、仙台を離れていて、3年ぶりの舞台復帰なのですが、その3年の間に彼に起こった色々な出来事が、彼を逞しくしたように、私は思っています。彼のがっしりした体躯に支えられながら、稽古は進んでいます。

ちょっぴりお得な、先行予約受付中です。
早めに申し込めば300円安くなりますよ。
2月15日(日)受付分まで!
右のサイドバーからどうぞ。
[PR]
by every_tue | 2009-02-10 08:56 | 稽古場模様


<< コーヒーが飲みたい:THE L... トリキング「女中たちのボレロ」... >>