【速報】「戯曲を読む!別役実研究会」はじめます!【7/17情報追記】


10-BOX+トライポッド共同製作プロジェクト-子どもと楽しむ別役実-
「戯曲を読む!別役実研究会」


日本を代表する不条理演劇の雄であり今なお新作を発表し続ける"別役実"。このプロジェクトでは、2010年に実施を予定する「子どもと楽しむ別役実」と題した公演を念頭に、その準備段階として、まずは、膨大な戯曲群の中からテキストを何本かを選び"声に出して読む"という研究会を行うことになりました。

1960年代の初期作品から近年の作まで、幅広く研究の対象にし、声に出して読み、参加者それぞれの感想を互いにフィードバックして共有することで、迷宮のような構造を持つ別役実の世界をひもといて行ければと考えています。

1回につき1本の作品を取り上げる形式ですので、ご都合の良い日にご参加いただけます。「別役実が好きな方」「この機会に戯曲を読んでみたい方」「2010年の上演に興味のある方」。そのほか、たくさんの方にご協力いただきたく思います。皆さまのご参加をお待ちしております。

10-BOXでは開館の翌年から「演劇が演劇以外のジャンルと手を結ぶ試み」を、学校や公共施設や福祉団体などと行い現在も続けています。その結果、体験的に心を動かすことが人間の知性や認識力にとって有効であることを再発見すると同時に、現在まだ演劇と接点のない、社会問題や医療科学を背景としたニーズの存在も見えてきました。今年度に入り、今後の継続や展開についてトライポッドの森さんと定期的な話し合いを重ね、ひとつの具体的な提案を受けて「別役実研究会」を行うことになりました。この場が、ニーズに届ける素材の研究と、情報交換の一助になることを願っています。

せんだい演劇工房10-BOX 二代目工房長 八巻寿文




■コーディネーター:森 忠治(トライポッド)
■ナビゲーター:生田 恵(三角フラスコ)

◆会場: せんだい演劇工房10-BOX(仙台市若林区卸町2-12-9/022-782-7510)
※日によって部屋は変わります。

◆日時・内容:※全て19時集合~22時 

7月28日(火) 「マッチ売りの少女」(1966年・岸田戯曲賞受賞作品)
8月8日(土) 「眠っちゃいけない子守唄」(1984年)
8月29日(土) 「消えなさいローラ」(1994年)
9月11日(金) 「メリーさんの羊」(1984年)
9月25日(金) 「椅子と伝説」(1974年)
10月9日(金) 「とうめいなすいさいが」(1992年)
10月24日(土)「象」(1962年)

☆11月以降のラインナップ予定:「すなあそび」(1987年)、「壊れた風景」(1976年)、「受付」(1980年)、「スパイものがたり」(1970年)、「会議」(1982年)、「ハイキング」(1984年)、「移動」(1973年)、「赤い鳥の居る風景」(1968年)、などより選定。
※作品は都合により、変更になる場合もございます。


◆参加申込方法などの詳細は、こちらのエントリーをご覧ください。

お問い合わせ:
せんだい演劇工房10-BOX TEL.022-782-7510
トライポッド TEL.022-728-1383

◎主催:トライポッド ◎協力:せんだい演劇工房10-BOX
[PR]
by every_tue | 2009-07-14 13:58


<< 【続報】「戯曲を読む!別役実研... ワークショップデザイナー育成プ... >>