三角フラスコ#32「星屑とボタン」※公演終了しました


三角フラスコ#32「星屑とボタン」は無事に公演を終了しました。

c0151311_20174018.jpg

撮影/布田直志

仙台・大阪ともに、たくさんのお客様にご来場いただきました。本当にありがとうございました。たくさん感想をいただいて、すごく励みになりました。7月から稽古をしていたので、今年の夏を、この作品のクリエイトに費やした感じです。

◎CoRich舞台芸術>三角フラスコ「星屑とボタン」


三角フラスコの次回公演は来年3月。太宰治の短編小説「燈籠」をモチーフに、「ことりとアサガオ」と言うタイトルの新作を製作します。その後には、現代戯曲上演シリーズの第二弾もやります。こちらは来年6月を予定しております。取り上げるのは、大阪を拠点に活動するカンパニー「空の驛舎」主宰の中村賢司(なかむら・けんし)さんの戯曲「てのひらのさかな」。2003年に第10回OMS戯曲賞の佳作を受賞した作品です。

と、そんなわけで、今後も三角フラスコをよろしくお願いいたします。
[PR]
by every_tue | 2009-11-17 20:19 | お知らせ


<< 札幌から、あの「イナダ組」がや... 大阪にいます >>