【宮城県美術館・特別展】「高山登展 300本の枕木 呼吸する空間」+「反響する星々」

宮城県美術館で1/23(土)~3月28日(日)まで「高山登展 300本の枕木 呼吸する空間」が開催中です。これは必見の展覧会ではないでしょうか。会期中にシンポジウム「高山登のいまを語る」椹木野衣(美術評論家)・ 高島直之(美術評論家)・高山 登(美術家)や田中 泯(舞踊家)によるパフォーマンスもあります。

同時に、本日1/26(火)~31日(日)まで、同じく宮城県美術館地下の県民ギャラリーにて、「反響する星々」-高山登に学んだ有志作家による展覧会-も開催されています。

こちらは仙台在住の作家がずらり、昨年の三角フラスコ上演作「星屑とボタン」に作品写真を提供して頂いた田中真二朗さんをはじめ、小岩勉さんなど、友人・知人もちらほら、何人か。

<参加作家>
青野文昭(平面・立体)、大柳暁(平面・バック)、小形幸(平面)、 木下剛(創作折り紙)、小岩勉(写真)、斉藤道有(平面・立体)、 佐々木健(絵画)、竹田光義(グラフィックデザイン)、多田由美子 (絵画)、田中真二朗(彫刻)、千葉洋幸(平面)、津村葉子(絵画)、中川和寿(平面)、守屋誠太郎(彫刻)、八木史記(彫刻)、山内宏泰(絵画・その他)、横山信人(平面・立体)

んー豪華なメンツです。今週行かれる方は、県民ギャラリーも要チェックですね。
週末にはワークショップもあるようです。詳細は参加作家さんのブログに記述があります。

◎ぼくのあたまのなかの斉藤道有。>10.1.26(火)~31(日)「反響する星々」ー高山登に学んだ有志作家による展覧会ー

私はまずは、1月31日(日)に両方観てこようと思っています。
[PR]
by every_tue | 2010-01-26 09:58 | ART


<< 「CoRich舞台芸術アワード... 三角フラスコ公式twitter... >>