急遽決定!ポストパフォーマンストーク!!


三角フラスコ#33「ことりとアサガオ」、終演後にポストパフォーマンストークを行うことが急遽決定しました。

公演終了後に、ゲストをお迎えして三角フラスコ・生田恵とトークを行います。
作品とあわせてお楽しみください。

3月13日(土)19:30の回
ゲスト:佐藤純子:書店員(ジュンク堂書店仙台ロフト店)
31歳
ジュンク堂書店仙台ロフト店で働いています
主に文芸書を担当しています
でもいまどきのはやりの本はあんまりよくわかりません
でも伊坂幸太郎さんは好きです
それと高野文子のこどものともはすばらしかったです
福島生まれの福島育ちの仙台暮らし
観るのも聴くのも読むのも好き
歩くのも好き
飲むのも好き
三角フラスコの公演は何回か観たことがあります
心臓を、ぎゅう、とつかまれたまま、とぼとぼと歩いて帰りました
「灯籠」読んだことがあります
太宰治の作品の中でも、好きな一編です
どんなふうに目の前で動いていくのか楽しみでいまからどきどきして
3月が待ち遠しいです


3月14日(日)14:00の回
ゲスト:大信ペリカン:劇作家・演出家(満塁鳥王一座)from福島
1975年兵庫県生。劇作家、演出家。満塁鳥王一座主宰。近年作「blind」「女中たちのボレロ」「マクベス」で、古典作品をテキストにした作品作りを行う。また仙台市市民文化事業団主催の劇都仙台2007プロデュース公演「ミチユキ→キサラギ」の演出や、 office-over(仙台市)、SENDAI座☆プロジェクト(仙台市)への戯曲提供など劇団外部での活動も行う。福島県南相馬市在住。


3月16日(火)19:30の回
ゲスト:相内唯史:劇場プロデューサー(in→dependent theatre)from大阪
北海道札幌市生まれ。大学進学で関西へ。2000年 in→dependent theatre 劇場プロデューサー就任。現在1st・2ndの2劇場をプロデュース。最強の一人芝居フェス「INDEPENDENT」シリーズなど、挑戦的でコンセプチュアルな劇場プロデュースを企画製作。演劇畑出身でない特異な経歴と斬新なアイディア、フットワークの軽さで注目され、クリエイターとしても映像や宣伝美術で様々な作品に参加。


どうぞお楽しみに!
[PR]
by every_tue | 2010-02-23 20:20 | お知らせ


<< 「ことりとアサガオ」のポスター... 「戯曲を読む!別役実研究会」い... >>