<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

昔、書いた文章

さいしょのブログに何を書こうかと逡巡しておりましたが
まずはご挨拶代わりに、長文を投入。
財団法人仙台市市民文化事業団が発行する情報誌に寄稿した時の
「制作を志す(かもしれない)人たちへ」と題された文章です。

昨年の7月に書いたものなので、いま読み返すと若さに赤面ですし
ブログとしてはどうかと思うくらい長文ですが、
あえて、そのまま、そのまま。
時間のある方だけお付き合いください。

このあと、私はなし崩し的に演劇プロデューサーを名乗るようになりました。
そして、バイトをやめ、現在ではフルタイムで演劇に関われています。
非常にラッキーです。

---------------------------------------
せんだい演劇工房10-BOXニュースレター
ハコカラ通信vol.21(2006.8月発行)
[芝居往来]より
---------------------------------------
小劇場演劇の制作者を支援するサイトfringeが主催する「Producers meet Producers 2006―地域の制作者のための創造啓発ツアー」が6月に東京で開催されました。プロデューサーの荻野達也氏が「地域にいながら個性と存在感を発揮する方法を模索する契機にしてほしい」と企画したこの場には、各地域から多くの中堅制作者が集い、仙台からは森忠治さん(tripod)と柴田環さん(制作支援TIME Create)が参加しました。森さんに制作の仕事についてうかがいました。

制作を志す(かもしれない)人たちへ

 制作を名乗って10年が経ちました。その間ずっと劇作家でも演出家でも俳優でもない立場で、主に三角フラスコというカンパニーで演劇について考えてきました。考えてきた、と同時にもちろん実践もしてきました。当然なんですが。
 これまでを振り返るとどういうことだったのか。全ては手探りの状態から始まりました。「なんだかよくわからない」まま現場に出る、そしてそこで起きた体験をフィードバックし、続きの作業に還元していく。その蓄積が新しい場所への手がかりとなる。その循環から私は自分のやり方を少しずつ見つけてきました。上手くいくこともいかないことも、そのまま体で記憶する。そして、そこで得たものを自分のスキルにつなげるという作業。それは、蓄積を重ねることである種の財産に変わりました。
 そんな現場に連続して関われたこと、私を取り巻く人々に制作の重要性を理解してもらえたこと。これはとても幸運なことでした。だからこそ私はここまでやってこられたし、いまここで「制作は面白い」と書けるのですから。

つづき
[PR]
by every_tue | 2007-11-27 08:52

公開準備中

毎週、火曜日に更新するブログにしようと思っています。
現在、公開準備中。

というわけで、また来週お会いしましょう。
[PR]
by every_tue | 2007-11-20 00:17 | お知らせ