<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

満塁鳥王一座「女中たちのボレロ」

福島の劇団「満塁鳥王一座」です。仙台ではすっかり有名になりましたね。今回、昨年SENDAI座プロジェクトに提供した戯曲「女中たちのボレロ」をセルフカバーするとのことです。

私は仙台公演の制作を担当することになりました。三角フラスコ公演の1週間後です。このことについては、またおいおい書いて行きます。が

とりあえずこちらも
絶賛予約受付中です。
[PR]
by every_tue | 2009-01-27 10:14 | お知らせ

三角フラスコ#31「蝶のやうな私の郷愁」先行予約

というわけで、「INDEPENDENT in 仙台」も終わり(残務はあるけど)、オフに美術館を堪能して、昨日の月曜日から生田恵とともに、三角フラスコの稽古に復帰しました。生田と私が休んでいる間は、俳優の2人(瀧原弘子と客演の飯川晃さん)に読み稽古、軽い立ち稽古をしながら「戯曲分析」をしてもらっていたのですが、昨日の稽古は、生田の希望で現状を見るためにとりあえず通しで見せてもらいました。

・・・これはきっと面白くなる。ていうか今の段階で俳優の芯がぶっとくなってる。12月からウオーミングアップを交えながら、戯曲の解釈をやってもらっていたのですが、やっぱり積み重ねって大事ですね。

本格的な稽古は本当に昨日がスタートだったのですが、稽古を重ねて、スタッフワークが加わって、これからグングン面白くなる予感がします。見逃すと損しますよ。

というわけで(2回目)、ただいま先行予約を実施しています。
三角フラスコウエブサイト「すずかけ」のみで取り扱い中。

全席自由/日時指定 前売1,800円のチケットを[三角フラスコWEB予約限定特別料金]として、2月15日(日)まで、先行予約1,500円で受付中です。 

U-22割 1000円・ペア割 3000円もあわせて受付ています。こちらは期間限定ではなく各ステージ先着20枚限定。早い者勝ちです。22歳以下の方、お二人でご来場される方にはお得なチケットです。

どうぞお早目のお申し込みをお願いいたします。
[PR]
by every_tue | 2009-01-27 09:37 | お知らせ

杜の都の演劇祭(個人的なまとめ) かきかけ

まとめと言っても本当に個人的なものです。そして杜の都の演劇祭はまだ終わってなくて、ラスト演目「皆々様へ」の上演中なんですが(1/27現在)、スケジュールの都合で見に行けない。残念。

私は完全に客席から参加した演劇祭だった(生田に稽古場に見に来てと言われたのですが、本番を楽しみにしていたので断った)ので、客席視点でまとめてみようかなと。

◎とりあえず観にいけたもの。
プログラムB「ぶらんこ乗り」※ディレクター:生田恵(三角フラスコ)・出演:河本久和(空の驛舎)
プログラムE「星の王子さま」
プログラムF「東京日記」※演出:菅原玄哉(office-over)
プログラムG「見えない人間の肖像」※出演:瀧原弘子(三角フラスコ)・ディレクター:真田鰯
プログラムH「世界は蜜で満たされる」

演目後に追記したのは、昨年の三角フラスコ#30「NO fear」3都市ツアーに参加していた/関わってくれていた方々です。ほぼ同時期に開催されたものもありました。みんな体力あるなー。

個別の作品の感想はCoRich舞台芸術!にちょこちょこ書いていたのですが、全体的に満足感の高いものでした。どの会場でもお客さまがリラックスして楽しんでいる様子が感じられました。

(この記事つづく:どんどん追記していきます)
[PR]
by every_tue | 2009-01-27 09:21 | 演劇制作

ライオネル・ファイニンガー展「光の絵画」

無事に「INDEPENDENT in 仙台」は終了いたしました。ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。東京から大阪から俳優が集まって、皆でわーわーやるのは楽しかった。大阪の本家「INDEPENDENT:06」に参加したときにも感じたけど、みんな仲間でありライバルであり、ギリギリまで粘っていい舞台を作っていく感じは、他では得がたい感覚でした。

そんな楽しい現場も土曜日に終わって。日曜日はオフということにして、宮城県美術館に行ってきました。宮城県美術館は以前ドラマインミュージアムという事業で、三角フラスコが「夜とピアノ」という作品を上演させてもらった会場です。設備関連の改修で少しの間、休館していたのですが、昨年の10月から展示が再開されました。

今やっている特別展は1月10日(土)からはじまっているライオネル・ファイニンガー展。20世紀初頭のニューヨークで産まれたドイツ系移民。新聞の風刺画家としてキャリアをスタートさせて、徐々にスケッチ、版画、水彩画、油彩画、と多彩に変化していく作風を年代で追っていく回顧展でした。

派手さはないけれど、しんみり美しい、丁寧に構成された展示で、日曜の午前中にぴったりでした。

そして、少しだけ展示されていた木製玩具がすごく良かった。点数は少ないんだけど3人の息子たちのために作った街並みや人物を模した積み木のようなおもちゃたち。実際に子どもたちが遊んだ形跡が残っていて、角が取れたり色が剥げたりしてる感じ。

美術館の受付カウンターには、その木製玩具を模したオブジェ(創作室のWSで作ったものだそうです)が飾られていて、思わず写真を撮らせてもらいました。

c0151311_8432149.jpg

美術館のクラシックなカウンターに…かわいい、かわいい。

会場の片隅には「光のラボ」という部屋がありました。ファイニンガーの見ていた「光」の感覚を自分で体験してみようという感じ。白い小さな部屋に木のブロックが街並みのように並んでいて、ライトを使って光の3原色(赤・青・緑)を自分で調光してそこに照射する、というもの。もちろん全部をフルにすると白い光になります。ちょっとずつ色を足したり引いたり、光の強さによって木のブロックの色味が変化していきます。衝撃的だったのは、影!バックが白壁なんだけど、色の光を当てたときに出るブロックの影が何とも言えず美しかったです。
[PR]
by every_tue | 2009-01-27 08:44 | ART

冷え込む朝

昨日の陽気が嘘のように、今朝は冷え込む。冷蔵庫の中にいるようだ。今日は大寒。ってラジオが言っていた。

office-over「INDEPENDENT in 仙台」の準備は大詰め。といっても、今回はco-producerという関わり方なので、あれこれ進行を確認したり、プロデューサーをフォローしたり、そんなことをやっている。上演される作品の一つである「ウエストバージニア州立大学最期の学内放送」の稽古場に通って、隙間の時間を見てイベント全体の打ち合わせをしている感じ。あとは小屋入り~本番を乗り切ればOK。

というわけで、「INDEPENDENT in 仙台」いよいよ、明後日からです。

-------------

office-overプレゼンツ
"INDEPENDENT"in 仙台

c0151311_8122034.jpg

毎年11月に大阪で開催される最強の一人芝居フェス
「INDEPENDENT」で出会った2本の作品、
そこに津軽方言芝居が加わって、仙台の1月を暑くする3日間


「或るめくらの話し」
出演 山田百次 [from東京]
作・高木恭造 演出 山田百次

「ウエストバージニア州立大学最期の学内放送」
出演 菅原みちや(office-over) [from仙台]
作 大信ペリカン(満塁鳥王一座) 演出 生田恵(三角フラスコ)

「レボリューション革命」
出演 大林剛士(ハンマーブロス) [from大阪]
作・演出 土橋淳志(A級MissingLink/ハンマーブロス) 

2009年1月22日(木)~24日(土)
仙台市市民活動サポートセンター市民活動シアター

主催 office-over
共催 仙台市(市民活動シアター活性化事業)

Collaborate with "INDEPENDENT"

-------------

2009年1月
22日(木)19:30開演※
23日(金)19:30開演
24日(土)14:00開演
受付/各60分前 開場/各30分前
※22日(木)、上演終了後ポストパフォーマンストークあり
ゲスト=相内唯史(in-dependent theatre)

仙台市市民活動サポートセンター
市民活動シアター
(旧ビーブベースメントシアター)
仙台市青葉区一番町四丁目1-3
TEL 022-212-3010

一般・前売2500円 当日3000円
学生・前売1500円 当日2000円

-------------

ご予約は右のサイドバーからどうぞ。
皆さまのご来場をお待ちしております。
[PR]
by every_tue | 2009-01-20 09:10 | お知らせ

風邪をひいたりなおったり

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。といっても今日が仕事始めのわけでは、当然なく先週からワッセワッセと働いているのですが。三角フラスコ現代戯曲上演シリーズ「蝶のやうな私の郷愁」の予約も開始しました。詳細はリンク先をどうぞ。2月15日(日)まで、WEB予約限定で先行予約期間を設けています。。この日までにご予約いただければ、特別料金の1500円になります。

元旦に風邪をひきました。大晦日の夜、眠りについた時点では何ともなかったのに、目覚めた瞬間に風邪をひいてることがわかった、あの不思議な感じ。原因は乾燥だと思われます。喉の痛みと咳と声のかすれと、あと鼻水がたくさん出て外出先などで困る感じの風邪でした。それが良くなったり悪化したりを繰り返すような1月前半でした。急に一昨日ぐらいに治りました。というわけで今は元気です。

というわけで1月前半のできごと。

・初詣
歩いて仙台東照宮へ。おみくじは大吉でした。体力を考え行動せよ、とのこと。

・ハンバーグ
初詣の後は毎年恒例となりつつあるハンバーグ。仙台東照宮近くの「あいかむ」という洋食屋。今年は粗品のタオルがもらえなかった。

・さし飲み
OCT/PASSのかおるこさんとさし飲みに行く。かおるこさんは翌日から東京でワークショップをうけるために夜行バスに乗るとのことで、凄い大荷物だった。一通り飲んで喋って、締めに、モーツアルトでコーヒーを飲んだ。

・みました
「有限サーフライダー」飛ぶ劇場@こまばアゴラ劇場
「見えない人間の肖像」杜の都の演劇祭@SENDAI KOFFEE CO.

大阪/精華小劇場ですれ違いになった飛ぶ劇場の公演を見れて良かった。東京は思ったより寒かった。
「見えない人間の肖像」は1月20日(火)まで続く。残席わずか、とのこと。

・さし飲み2
再設計中のペピン結構設計/急な坂スタジオの里見くんと渋谷で飲む。沖縄料理屋。美味しかった。2月にまた会おう、と言ってわかれる。

こんなもんか。

来週はいよいよ"INDEPENDENT"in仙台です。絶賛予約受付中。
[PR]
by every_tue | 2009-01-13 11:35 | 今週の出来事