「大阪にアートスクエアを創る会」公式ブログがOPEN


あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、twitter経由で知った情報ですが、本日、「大阪にアートクスエアを創る会」の公式ブログがOPENしていました。


「大阪にアートスクエアを創る会」ブログ


昨年の12月23日(祝)に中之島公会堂にて行われた、第1回フォーラムの配布資料がPDF公開されています。
[PR]
# by every_tue | 2010-01-01 18:17 | お知らせ

「戯曲を読む!別役実研究会」続いています。

7月から始まった「別役実研究会」、様々な人にご参加いただいております。

11月から2nd seasonに入ってました。
http://www.bookshelf.cc/tripod/2009/10/-2nd-season-.html


次の研究会は明日13日(日)の19時から、満塁鳥王一座の大信ペリカン氏が一番好きだと言っていた「移動」という作品を取り上げます。

申込みは2日前までということで、昨日までだったのですが、明日の分もまだお受けできます。
参加申込みは10-BOXまでお電話かメールでお願いしたします。

◆参加費無料

◆申込方法:要事前申込 [開催日の2日前までにお申込みください]

 下記の事項を電話もしくはE-mailにてお知らせください。
・お名前 ・(あれば)御所属先 ・ご連絡先(電話番号) ・参加日

【申込先】せんだい演劇工房10-BOX:TEL.022-782-7510 E-mail:box-10@k2.dion.ne.jp

みなさんのご参加お待ちしております。
[PR]
# by every_tue | 2009-12-12 14:23 | お知らせ

杜の都の演劇祭「ケンジの散歩道」が面白かった

先週の火曜日の夜、なかじょうのぶさんがプログラムディレクターの杜の都の演劇祭「ケンジの散歩道」の初日を見てきました。これが、すごく良かったです。のぶさん自身もご出演されていて、共演は絵永けいさん、それから、タトラのドラマー、瀧原文法さん。

オトナっぽいバー。その空間に、お二人の落ち着いた声とパーカッションがしっとり響いていく様はとても美しく。ウイスキーを舐めながら、至福の一時を過ごさせていただきました。

12/11(金)から12/18(金)までの間に、あと5ステージあります。まだ残席あるようですよ。たくさんの方に観ていただきたい、おすすめの作品です。

詳細・ご予約は下記のリンクからできます。

杜の都の演劇祭「ケンジの散歩道」

[PR]
# by every_tue | 2009-12-08 07:39 | 今週の出来事

【完売しました】杜の都の演劇祭「あくる朝の蝉」※当日券情報

私がドラマターグをさせていただいている、杜の都の演劇祭「あくる朝の蝉」ですが、お陰さまで全日程完売いたしました。

※全ステージ、数枚の当日券をご用意しております。当日券については、こちらで最新情報をご確認ください。


【12月10日・情報更新しました】

※全日程予約終了しました。

杜の都の演劇祭「あくる朝の蝉」



12/10(木)19:30‐予約終了
12/12(土)19:30‐予約終了
12/14(月)15:00‐予約終了
12/17(木)15:00‐予約終了
12/18(金)19:30‐予約終了
12/20(日)19:30‐予約終了
○残り10席以下 ▲残り5席以下
[PR]
# by every_tue | 2009-12-02 13:58 | お知らせ

大阪に行ってきました。

今週の出来事、ではなく、先週の出来事なのですが…11月23日(月)に大阪に行ってきました。11月の頭に、「星屑とボタン」の公演で行ったばっかりだったのに、2週間ぶりの大阪は、さすがにちょっとだけ寒くなっていて、でも仙台よりは断然暖かかったです。

何をしに行ってきたかと言うと、観劇です。(あと打ち合わせを少々。)

維新派「ろじ式」@精華小劇場

A級MissingLink「無心論者は幽霊を見ない」@ウイングフィールド

この2本を、マチネ・ソワレのダブルヘッダーで見てきました。

維新派はずっとずっと観たいと思っていたのですが、中々予定があわなくて、やっと初めて観れました。音圧高めの音楽が流れる中、繰り広げられる世界に釘付けになりました。今回は劇場での公演だったのですが、来年に予定されている野外公演を観に行きたくなりました。

A級MissingLinkの作品を観るのは、今回で3回目でした。相変わらずの「土橋くんワールド」全開のテキストで、非常に楽しみました。脳みそのツボをグイグイ押される感じ。

1泊して、翌日は深津篤史さんのお見舞いにも行ってきました。深津さんが、来年、新国立劇場で演出する別役実「象」のお話しを、色々聞かせてくれました。これも、観にいく予定です。
[PR]
# by every_tue | 2009-12-02 13:45 | 今週の出来事

「事業仕分け」に関する 第一回助成金フォーラム

国際舞台芸術交流センターさまから緊急告知のメールが届きました。現場の制作者・アーティストを主対象とした「事業仕分け」に関する第一回助成金フォーラムを緊急開催されるそうです。

以下に告知メールを全文引用します。
私は当日行けませんが、たくさんの方の声が集まるといいなと思います。

---------------------------------------

From PARC - 2009.11.28 -

このメールはPARC ― 国際舞台芸術交流センターが事務局を務める
東京芸術見本市にご参加いただいた方をはじめ、
広く舞台芸術関係者の皆さまに送らせていただいております。
詳細についてのお問い合わせは、info@parc-jc.org までお願い致します。

---------------------------------------------------------------
緊急告知 ― 「助成金制度」の観客から当事者へ
現場の制作者・アーティストを主対象とした「事業仕分け」に関する
第一回助成金フォーラムを緊急開催します
---------------------------------------------------------------

ご承知の通り行政刷新会議による事業仕分けにおいて、
文部科学省が12月15日まで意見募集を行なっています。

去る11月25日に行われた文化芸術推進フォーラム
http://www.geidankyo.or.jp/06gei/s-forum/index.html
に出席されていた鈴木寛文部科学副大臣によると、それまで文部科学省に
寄せられた意見書約14,000通の内、約11,000通が科学技術に関するもの、
約2,000通が教育に関するもので、残りの約1,000通が文化に関するもの
だったとのことです。氏は、文化芸術についての評価は数値でなされるものではなく、
その土俵に乗るべきではないとの発言も同時にされていました。

しかし、11月19日の行政刷新会議のワーキンググループの仕分け結果によると、
特に「芸術家の国際交流」について成果の検証不足や評価報告の不備が指摘され、
削減やむなしとなっているようです。
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/3-5.pdf
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/3-4.pdf

「芸術家の国際交流」によって助成金を受けているのは芸術団体/家や
関係者ですが、真の受益者は、芸術が提供されている人々であり、
その間に生まれた成果とは何かを共有することが必要ではないでしょうか。

そこで本フォーラムでは、芸術文化振興金の助成金や、文化庁の
「芸術家の国際交流」分野の助成金を受けた芸術団体/家が、
どのような「成果」があったのかを話し合い、
それを文部科学省に届けることを目的として開催します。

また、この機会に、これまでさまざまなレベルで懸案とされてきた助成金の
「制度」について、現場の制作者・アーティストも当事者として声を挙げたいと
考えています。事務的に求められてきた助成事業の報告や批評の添付以外に、
どのような評価軸を持たなければならないのか? 
私たち自身が「数値としてではなく」客観的評価をどのように捉えるべきなのか、
アドバイザーを迎えて話し合うフォーラムです。

今回のフォーラムでは、行政刷新会議における仕分け対象事業のうち、
舞台芸術の振興および舞台芸術による国際交流の現場レベルで、
特に関わりの深い以下の二点にしぼりたいと思います。

文化関係1 ― 独立行政法人日本芸術文化振興会
文化関係2 ― 芸術家の国際交流等の内の芸術家の国際交流
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/3-4.pdf
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/3-5.pdf

まずは上記の助成事業を必要とする理由やその成果などを当事者として忌憚なく話し、
その内容をまとめて12月15日までに文化庁に意見書として届けたいと考えています。

急なお知らせで恐縮ですが、多数のご参加をお待ちしています。
また、お知り合いの方々への転送も歓迎いたします。

●日時: 2009年12月7日(月)18:30~20:30
18:00  受付開始
18:30  フォーラム開始
20:30  終了予定

●会場:こどもの城 本館 11階会議室(東京都渋谷区神宮前5-53-1)
※こどもの城・本館のエントランスからエレベーターで11階へお越しください。
地図: http://www.kodomono-shiro.jp/access/index.shtml
フロアガイド:http://www.kodomono-shiro.jp/floor/index.shtml
アクセス: JR渋谷駅(東口・宮益坂側)徒歩10分
東京メトロ表参道駅(B2出口)徒歩8分

※上記はお問い合わせ先ではありません。
ご連絡はすべて下記、国際舞台芸術交流センターまでお願いいたします。
※会場では外線電話を受けられません。お申込みをいただいた方には
別途、当日の緊急連絡先をお伝えいたします。

●アドバイザー
片山正夫(財団法人セゾン文化財団 常務理事)

●呼びかけ人(11/27時点)
大澤寅雄(株式会社ニッセイ基礎研究所 芸術文化プロジェクト室/
NPO法人 アートNPOリンク)
丸岡ひろみ(国際舞台芸術交流センター 理事)

●参加料:無料
※当日参加もできますが、できるだけ事前のお申し込みをお願いいたします。

●お申込み
参加お申込みは、件名を「助成金フォーラム申し込み」とし、
1.お名前
2.所属団体
3.メールアドレス
4.ホームページ(任意)
5.芸術文化振興基金や文化庁の助成を受けた公演(海外を含む)や
事業での成果・意見など(任意)
を明記の上、メールを以下までお送りください。

国際舞台芸術交流センター
担当:中島
「助成金フォーラムについて」とお問い合わせください
info@parc-jc.org
Tel: 03-5724-4660

皆さまのご参加をお待ちしております。

==============================================
From: 国際舞台芸術交流センター
150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-1-2 サウスビル3F
Tel: 03-5724-4660 / Fax: 03-5724-4661
info@parc-jc.org / www.parc-jc.org / www.tpam.or.jp
==============================================
Copyright(c) PARC - Japan Center, Pacific Basin Arts Communication. All rights reserved.


---------------------------------------
[PR]
# by every_tue | 2009-11-28 22:33 | お知らせ

仙台市公民館運営審議委員会の委員になりました

このたび私、森忠治は仙台市公民館運営審議委員会の委員を委嘱されました。

去る11月17日(火)に委嘱状交付式と第1回の審議会が行われ、出席してきました。
任期は平成21年11月1日から平成23年10月31日までの2年間です。

この委員会は、仙台市内に59館ある「市民センター」における各種の事業の企画実施について、調査審議する役割で設置されています。

社会教育・生涯教育・地域教育の観点で、市民の立場から、また舞台芸術に携わる人間の一人として、市民相互の交流と地域活動の振興、文化の向上、福祉の増進に寄与するために、今後あるべき「市民センター」の役割を検討するべく、尽力して行きたいと思います。
[PR]
# by every_tue | 2009-11-27 15:46 | お知らせ

札幌から、あの「イナダ組」がやってくるよ【必見】


今週末、札幌から「イナダ組」がやってきます!

演目は、昨年の東京劇団FESでグランプリを受賞した作品「コバルトにいさん」。
日時:11月20日(金)19:00開演
会場:仙台市民会館小ホール

◎CoRich舞台芸術>イナダ組「コバルトにいさん」

まだお席があるようですので、ぜひ皆さんにお勧めさせていただきます。

私は違う演目を去年札幌で観たのですが、とてもしっかり作品を作っている集団さんでとても見応えがありました。今回の「コバルトにいさん」は前評判も高いので、とても楽しみにしています。

チケットのお問い合わせは、チケットGIP:022-222-9999(11:00~19:00)までお願いいたします。ぜひ、皆さま、お誘いあわせの上、ご来場くださいませ!
[PR]
# by every_tue | 2009-11-17 20:31 | お知らせ

三角フラスコ#32「星屑とボタン」※公演終了しました


三角フラスコ#32「星屑とボタン」は無事に公演を終了しました。

c0151311_20174018.jpg

撮影/布田直志

仙台・大阪ともに、たくさんのお客様にご来場いただきました。本当にありがとうございました。たくさん感想をいただいて、すごく励みになりました。7月から稽古をしていたので、今年の夏を、この作品のクリエイトに費やした感じです。

◎CoRich舞台芸術>三角フラスコ「星屑とボタン」


三角フラスコの次回公演は来年3月。太宰治の短編小説「燈籠」をモチーフに、「ことりとアサガオ」と言うタイトルの新作を製作します。その後には、現代戯曲上演シリーズの第二弾もやります。こちらは来年6月を予定しております。取り上げるのは、大阪を拠点に活動するカンパニー「空の驛舎」主宰の中村賢司(なかむら・けんし)さんの戯曲「てのひらのさかな」。2003年に第10回OMS戯曲賞の佳作を受賞した作品です。

と、そんなわけで、今後も三角フラスコをよろしくお願いいたします。
[PR]
# by every_tue | 2009-11-17 20:19 | お知らせ

大阪にいます


大阪公演は本日初日です!

本日の終演後はポストパフォーマンストークがございます。
ゲストは、ウイングフィールド代表の福本年雄さん、それから演劇プロデューサーの岡本康子さんです。
時間は終演後20分程度を予定しております。
こちらもあわせてお楽しみ下さい。

三角フラスコ#32「星屑とボタン」

作・演出
生田恵

音楽
澁谷浩次(yumbo)

出演
瀧原弘子、七海良郎(満塁鳥王一座)、熊谷由海(Project T-time)、
真田鰯、藤原貢(劇団やんま)、半田深雪(魚類の薔薇)

■あらすじ
取り壊しが決まった団地。そこに暮らしていた夫婦。建物としての役目を失い終わってゆく部屋。離婚を決め、消えかかる二人の関係。そこへ子どもの頃、そ部屋に暮らしていたという青年が訪れる。場面は変わって、とある老人介護施設で生活を送る、もう一組の夫婦。ゆったりと流れて行く日常。しかし彼らもまた、やがて静かに終わりを迎えようとしている。

<大阪公演>
心斎橋・ウイングフィールド
大阪市中央区東心斎橋2-1-27 周防町ウイングス6F
Tel.06-6211-8427

2009年11月6日(金)~8日(日)
6日(金)19:30-☆
7日(土)15:00-、19:30-☆
8日(日)15:00-
☆=終演後、ポストパフォーマンストークあり

※開場 各20分前
※受付・当日券販売 各60分前
※上演時間90分(予定)
※未就学児入場不可

当日券あります:2,800円。
今回の公演から当日券の販売方法が2つになります。

 1) 開演の45分前(大阪公演は60分前)より会場受付にて直接販売
 2) 前日18時からWEBサイト「チケッツトーキョー」にて販売-new!

「チケッツトーキョー」について
※当日券の直前WEB予約、受け付けます。

忙しくて直前まで予定が分からない。
急に時間ができたけど、開演45分前までに劇場に向かうのは難しい・
そんな方のために、直前まで「TICKETS@TOKYO」で当日券予約を受け付けます。

■当日券予約とは?
公演日の前日18時から公演当日の開演2時間前までの間、
枚数限定で受付をする当日券の予約のことです。

※お支払方法
クレジットカードまたはセブンイレブンでの店頭決済のみとなります。

※チケットのお渡しについて
公演当日、開演の60分前より受付にてお渡しいたします。

忙しいあなたのための直前WEB予約システム、ぜひご利用ください!

<TICKETS@TOKYO>
前日18時より公演の開演2時間前まで。
購入方法、詳細は以下をご確認ください。※要事前登録(無料)

当日券・チケットの当日予約ならチケッツトーキョー
当日券はこちら


携帯の方はこちらから。
[PR]
# by every_tue | 2009-11-06 14:42 | 日本の各地から

三角フラスコ#32「星屑とボタン」:仙台公演【当日券情報】


劇場に入りました。準備はかなり順調に進んでいます。

仙台公演の当日券情報です。
今回の公演から当日券の販売方法が2つになります。

 1) 開演の45分前(大阪公演は60分前)より会場受付にて直接販売
 2) 前日18時からWEBサイト「チケッツトーキョー」にて販売-new!

「チケッツトーキョー」について
※当日券の直前WEB予約、受け付けます。

忙しくて直前まで予定が分からない。
急に時間ができたけど、開演45分前までに劇場に向かうのは難しい・
そんな方のために、直前まで「TICKETS@TOKYO」で当日券予約を受け付けます。

■当日券予約とは?
公演日の前日18時から公演当日の開演2時間前までの間、
枚数限定で受付をする当日券の予約のことです。

※お支払方法
クレジットカードまたはセブンイレブンでの店頭決済のみとなります。

※チケットのお渡しについて
公演当日、開演の45分前より受付にてお渡しいたします。

忙しいあなたのための直前WEB予約システム、ぜひご利用ください!

<TICKETS@TOKYO>
前日18時より公演の開演2時間前まで。
購入方法、詳細は以下をご確認ください。※要事前登録(無料)

当日券・チケットの当日予約ならチケッツトーキョー
当日券はこちら


携帯の方はこちらから。
[PR]
# by every_tue | 2009-10-19 14:43 | お知らせ

三角フラスコ#32「星屑とボタン」※仙台公演【WEB予約受付は明日まで】


さて、いよいよ三角フラスコ#32「星屑とボタン」仙台公演まで、あと数日となりました。来週の20日(火)が初日です。

|仙台公演のWEB予約:受付は明日(10/18)の深夜0時までです|

2人でお得な「ペア割」や、若くて(22歳以下)お得な「U-22割」は、「WEB予約のみ」の受付です。当日券の場合は一般と同じ一人2,800円になりますので、2人でいらしてくださる方や若い方は"特に!"、どうぞ明日までに、ご予約お願いいたします。
[PR]
# by every_tue | 2009-10-17 17:05 | お知らせ

地下鉄駅に

c0151311_20391030.jpg


昨日から、仙台市営地下鉄の各駅に、三角フラスコ「星屑とボタン」のポスターが貼り出されています。

最寄り駅で見たら、三角フラスコの生田がプログラムディレクターの一人を務める「杜の都の演劇祭」のポスターと仲良く並んで、貼られていました。

公演初日の20日(火)まで掲示されていますので、通りがかったら、ちらっと見てください!
[PR]
# by every_tue | 2009-10-15 20:39 | 街角から

三角フラスコ#32「星屑とボタン」:仙台公演まであと7日


いよいよ来週、仙台公演です。今回は火曜日が初日です。お間違いなく!
公演詳細はこちら。


c0151311_12334173.jpg


三角フラスコ#32「星屑とボタン」

作・演出
生田恵

音楽
澁谷浩次(yumbo)

出演
瀧原弘子、七海良郎(満塁鳥王一座)、熊谷由海(Project T-time)、
真田鰯、藤原貢(劇団やんま)、半田深雪(魚類の薔薇)

■あらすじ
取り壊しが決まった団地。そこに暮らしていた夫婦。建物としての役目を失い終わってゆく部屋。離婚を決め、消えかかる二人の関係。そこへ子どもの頃、そ部屋に暮らしていたという青年が訪れる。場面は変わって、とある老人介護施設で生活を送る、もう一組の夫婦。ゆったりと流れて行く日常。しかし彼らもまた、やがて静かに終わりを迎えようとしている。

■会場・日時
<仙台公演>
エル・パーク仙台スタジオホール
宮城県仙台市青葉区一番町4-11-1 三越定禅寺通り館6F
Tel.022-268-8300

2009年10月20日(火)~22日(木)
20日(火)19:30-
21日(水)14:00-☆、19:30-□
22日(木)14:00-●、19:30-
☆=終演後、ポストパフォーマンストークあり
□=日本語字幕付き上演
●=無料託児サービスあり(要事前申込)

※開場 各20分前
※受付・当日券販売 各45分前
※上演時間90分(予定)
※未就学児入場不可

<大阪公演>
心斎橋・ウイングフィールド
大阪市中央区東心斎橋2-1-27 周防町ウイングス6F
Tel.06-6211-8427

2009年11月6日(金)~8日(日)
6日(金)19:30-☆
7日(土)15:00-、19:30-☆
8日(日)15:00-
☆=終演後、ポストパフォーマンストークあり

※開場 各20分前
※受付・当日券販売 各60分前
※上演時間90分(予定)
※未就学児入場不可

■料金
日時指定
前売 2,300円
当日 2,800円

U-22割 1,500円 (各回申込先着20枚)
ペア割 4,000円 (各回申込先着20組)

※U-22割は公演当日22歳以下の方が対象です。
受付にて年齢の分かるものをご提示いただきます。

■チケットのご予約はこちらから。

--------------------------

【初日限定】チケットプレゼント実施中!

「CoRich舞台芸術!」にてチケットプレゼントを実施しています。
※応募にはユーザー登録が必要です。

◎CoRich舞台芸術!>>>「星屑とボタン」

【仙台公演】10月20日(月)19:30の回
【大阪公演】11月6日(金)19:30の回
それぞれ、[ 先着ペア5組 ]さまを御招待いたします。

■応募条件(必須):「観たい!」にコメントを公開登録の上、ご応募ください。

※応募画面のメッセージ欄にご希望の公演会場(仙台・大阪)
およびお名前(フルネーム)を入力してください。

※当選の方には、順次ご連絡いたします。
※先着順のプレゼントです。
※仙台公演・大阪公演それぞれ、予定枚数に達した時点で終了します。
[PR]
# by every_tue | 2009-10-13 12:49 | お知らせ

杜の都の演劇祭2009・プログラムF「あくる朝の蝉」


今年も開催される「杜の都の演劇祭」。昨年に引き続き、三角フラスコの生田恵がプログラムディレクターの一人を務めることになりました。

作品は井上ひさし・作の自伝的短編小説「あくる朝の蝉」。私も今回はドラマターグとして参加いたします。ただいまご予約受付中でございます。

◎杜の都の演劇祭2009・プログラムF「あくる朝の蝉」


[PR]
# by every_tue | 2009-10-13 11:57 | お知らせ