タグ:お知らせ ( 89 ) タグの人気記事

【完売しました】杜の都の演劇祭「あくる朝の蝉」※当日券情報

私がドラマターグをさせていただいている、杜の都の演劇祭「あくる朝の蝉」ですが、お陰さまで全日程完売いたしました。

※全ステージ、数枚の当日券をご用意しております。当日券については、こちらで最新情報をご確認ください。


【12月10日・情報更新しました】

※全日程予約終了しました。

杜の都の演劇祭「あくる朝の蝉」



12/10(木)19:30‐予約終了
12/12(土)19:30‐予約終了
12/14(月)15:00‐予約終了
12/17(木)15:00‐予約終了
12/18(金)19:30‐予約終了
12/20(日)19:30‐予約終了
○残り10席以下 ▲残り5席以下
[PR]
by every_tue | 2009-12-02 13:58 | お知らせ

「事業仕分け」に関する 第一回助成金フォーラム

国際舞台芸術交流センターさまから緊急告知のメールが届きました。現場の制作者・アーティストを主対象とした「事業仕分け」に関する第一回助成金フォーラムを緊急開催されるそうです。

以下に告知メールを全文引用します。
私は当日行けませんが、たくさんの方の声が集まるといいなと思います。

---------------------------------------

From PARC - 2009.11.28 -

このメールはPARC ― 国際舞台芸術交流センターが事務局を務める
東京芸術見本市にご参加いただいた方をはじめ、
広く舞台芸術関係者の皆さまに送らせていただいております。
詳細についてのお問い合わせは、info@parc-jc.org までお願い致します。

---------------------------------------------------------------
緊急告知 ― 「助成金制度」の観客から当事者へ
現場の制作者・アーティストを主対象とした「事業仕分け」に関する
第一回助成金フォーラムを緊急開催します
---------------------------------------------------------------

ご承知の通り行政刷新会議による事業仕分けにおいて、
文部科学省が12月15日まで意見募集を行なっています。

去る11月25日に行われた文化芸術推進フォーラム
http://www.geidankyo.or.jp/06gei/s-forum/index.html
に出席されていた鈴木寛文部科学副大臣によると、それまで文部科学省に
寄せられた意見書約14,000通の内、約11,000通が科学技術に関するもの、
約2,000通が教育に関するもので、残りの約1,000通が文化に関するもの
だったとのことです。氏は、文化芸術についての評価は数値でなされるものではなく、
その土俵に乗るべきではないとの発言も同時にされていました。

しかし、11月19日の行政刷新会議のワーキンググループの仕分け結果によると、
特に「芸術家の国際交流」について成果の検証不足や評価報告の不備が指摘され、
削減やむなしとなっているようです。
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/3-5.pdf
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/3-4.pdf

「芸術家の国際交流」によって助成金を受けているのは芸術団体/家や
関係者ですが、真の受益者は、芸術が提供されている人々であり、
その間に生まれた成果とは何かを共有することが必要ではないでしょうか。

そこで本フォーラムでは、芸術文化振興金の助成金や、文化庁の
「芸術家の国際交流」分野の助成金を受けた芸術団体/家が、
どのような「成果」があったのかを話し合い、
それを文部科学省に届けることを目的として開催します。

また、この機会に、これまでさまざまなレベルで懸案とされてきた助成金の
「制度」について、現場の制作者・アーティストも当事者として声を挙げたいと
考えています。事務的に求められてきた助成事業の報告や批評の添付以外に、
どのような評価軸を持たなければならないのか? 
私たち自身が「数値としてではなく」客観的評価をどのように捉えるべきなのか、
アドバイザーを迎えて話し合うフォーラムです。

今回のフォーラムでは、行政刷新会議における仕分け対象事業のうち、
舞台芸術の振興および舞台芸術による国際交流の現場レベルで、
特に関わりの深い以下の二点にしぼりたいと思います。

文化関係1 ― 独立行政法人日本芸術文化振興会
文化関係2 ― 芸術家の国際交流等の内の芸術家の国際交流
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/3-4.pdf
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/3-5.pdf

まずは上記の助成事業を必要とする理由やその成果などを当事者として忌憚なく話し、
その内容をまとめて12月15日までに文化庁に意見書として届けたいと考えています。

急なお知らせで恐縮ですが、多数のご参加をお待ちしています。
また、お知り合いの方々への転送も歓迎いたします。

●日時: 2009年12月7日(月)18:30~20:30
18:00  受付開始
18:30  フォーラム開始
20:30  終了予定

●会場:こどもの城 本館 11階会議室(東京都渋谷区神宮前5-53-1)
※こどもの城・本館のエントランスからエレベーターで11階へお越しください。
地図: http://www.kodomono-shiro.jp/access/index.shtml
フロアガイド:http://www.kodomono-shiro.jp/floor/index.shtml
アクセス: JR渋谷駅(東口・宮益坂側)徒歩10分
東京メトロ表参道駅(B2出口)徒歩8分

※上記はお問い合わせ先ではありません。
ご連絡はすべて下記、国際舞台芸術交流センターまでお願いいたします。
※会場では外線電話を受けられません。お申込みをいただいた方には
別途、当日の緊急連絡先をお伝えいたします。

●アドバイザー
片山正夫(財団法人セゾン文化財団 常務理事)

●呼びかけ人(11/27時点)
大澤寅雄(株式会社ニッセイ基礎研究所 芸術文化プロジェクト室/
NPO法人 アートNPOリンク)
丸岡ひろみ(国際舞台芸術交流センター 理事)

●参加料:無料
※当日参加もできますが、できるだけ事前のお申し込みをお願いいたします。

●お申込み
参加お申込みは、件名を「助成金フォーラム申し込み」とし、
1.お名前
2.所属団体
3.メールアドレス
4.ホームページ(任意)
5.芸術文化振興基金や文化庁の助成を受けた公演(海外を含む)や
事業での成果・意見など(任意)
を明記の上、メールを以下までお送りください。

国際舞台芸術交流センター
担当:中島
「助成金フォーラムについて」とお問い合わせください
info@parc-jc.org
Tel: 03-5724-4660

皆さまのご参加をお待ちしております。

==============================================
From: 国際舞台芸術交流センター
150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-1-2 サウスビル3F
Tel: 03-5724-4660 / Fax: 03-5724-4661
info@parc-jc.org / www.parc-jc.org / www.tpam.or.jp
==============================================
Copyright(c) PARC - Japan Center, Pacific Basin Arts Communication. All rights reserved.


---------------------------------------
[PR]
by every_tue | 2009-11-28 22:33 | お知らせ

仙台市公民館運営審議委員会の委員になりました

このたび私、森忠治は仙台市公民館運営審議委員会の委員を委嘱されました。

去る11月17日(火)に委嘱状交付式と第1回の審議会が行われ、出席してきました。
任期は平成21年11月1日から平成23年10月31日までの2年間です。

この委員会は、仙台市内に59館ある「市民センター」における各種の事業の企画実施について、調査審議する役割で設置されています。

社会教育・生涯教育・地域教育の観点で、市民の立場から、また舞台芸術に携わる人間の一人として、市民相互の交流と地域活動の振興、文化の向上、福祉の増進に寄与するために、今後あるべき「市民センター」の役割を検討するべく、尽力して行きたいと思います。
[PR]
by every_tue | 2009-11-27 15:46 | お知らせ

札幌から、あの「イナダ組」がやってくるよ【必見】


今週末、札幌から「イナダ組」がやってきます!

演目は、昨年の東京劇団FESでグランプリを受賞した作品「コバルトにいさん」。
日時:11月20日(金)19:00開演
会場:仙台市民会館小ホール

◎CoRich舞台芸術>イナダ組「コバルトにいさん」

まだお席があるようですので、ぜひ皆さんにお勧めさせていただきます。

私は違う演目を去年札幌で観たのですが、とてもしっかり作品を作っている集団さんでとても見応えがありました。今回の「コバルトにいさん」は前評判も高いので、とても楽しみにしています。

チケットのお問い合わせは、チケットGIP:022-222-9999(11:00~19:00)までお願いいたします。ぜひ、皆さま、お誘いあわせの上、ご来場くださいませ!
[PR]
by every_tue | 2009-11-17 20:31 | お知らせ

三角フラスコ#32「星屑とボタン」※仙台公演【WEB予約受付は明日まで】


さて、いよいよ三角フラスコ#32「星屑とボタン」仙台公演まで、あと数日となりました。来週の20日(火)が初日です。

|仙台公演のWEB予約:受付は明日(10/18)の深夜0時までです|

2人でお得な「ペア割」や、若くて(22歳以下)お得な「U-22割」は、「WEB予約のみ」の受付です。当日券の場合は一般と同じ一人2,800円になりますので、2人でいらしてくださる方や若い方は"特に!"、どうぞ明日までに、ご予約お願いいたします。
[PR]
by every_tue | 2009-10-17 17:05 | お知らせ

「ワークショップデザイナー」になりました!

先週、22日(土)に行われたワークショップデザイナー育成プログラム第1期生終了イベント「ワークショップデザイナーの可能性」には、たくさんの方にお越しいただきました。東大の福武ホールで1日頑張って、その日は東京に泊まって。翌日の日曜日。帰宅すると…青山学院大学から封書が届いていました。恐る恐る開封すると、そこには、修了の可否について「可」の文字がー!

120時間のカリキュラムを終えて、最終課題も提出して、あとは総合評価で合格することが履修照明書取得の条件。ドキドキしながら待っていましたが、無事に修了することができました。毎週末の東京通いは、体力的にも経済的にも大変でしたが、頑張って良かったです。

この3ヶ月強の期間、たくさんの出会いがあり、色々考えることもあり、自分自身の視野もぐんと広がりました。「修了」は「終了」ではなくて、「はじまり」なのだと強く思っています。これから自分がどう行動するか。学んだことを、どうやって社会に還元できるか、そんなことを今は考えています。
[PR]
by every_tue | 2009-08-25 18:20 | お知らせ

【今週土曜日】札幌から「skc」が仙台にやってくるよ!

昨年の三角フラスコ札幌公演の時に、色々とお世話になった劇団SKグループ。本体は、ただいま活動休止中とのことですが、劇団内のユニット・skcが、公演「サンタのはし」を、(なんと)全国22都市で上演中!今週末の29日(土)に仙台・GalleryOneLIFEにやってきます。skcが仙台に来るのは、これで(確か)3度目です。

札幌・コンカリーニョ小室さんからの情報によると「なかなかハートウォーミングないい芝居」とのこと。今週末のオススメ公演です。

公演の詳細はこちらのブログをご覧ください。
[PR]
by every_tue | 2009-08-25 18:01 | お知らせ

修了イベント「ワークショップデザイナーの可能性」※今週末!

ワークショップデザイナー育成プログラム第1期生修了イベント「ワークショップデザイナーの可能性」が今週末に行われます。 皆さまのご参加お待ちしております。

開催日: 2009年8月22日(土) 10時~18時

会 場:東京大学福武ホール(本郷キャンパス赤門入ってすぐ左)地下2階
(http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/)

参加費:無料

主 催:青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム推進室
協 力:特定非営利活動法人学習環境デザイン工房

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【趣旨】

講演には、青山学院大学教授の高木光太郎氏を迎え、『ワークショップの学びとしての意味』についてお話しいただきます。

ここでは、ブームとしてのワークショップではなく、ワークショップの学びとしての意味を明らかにしていくお話が期待できます!

また、パネルディスカッションでは、大阪大学の育成プログラム講師でもある平田オリザ氏や、地域教育を精力的に行っている相川良子氏とともに、第1期修了生も加わり、それぞれの視点から『ワークショップデザイナーの可能性』について語り合います。

今まで曖昧になっていた、ワークショップデザイナーの専門性について話し合っていきたいと思っています。また、修了生からは、実際のカリキュラムや、受講を終えてみての感想について本音を聞くことができます。

最後には、青山学院大学の育成プログラム講師でもある苅宿俊文氏より、「ワークショップデザイナー育成プログラム」の今後の展開や構想についての発表もあります!

本イベントでは、第1期修了生が企画、運営を行うキッズワークショップや、空間デザインの巧みさなど、時間と空間すべてに、人と人とがコミュニケーションを中心につながっていく仕掛けが満載です。

ぜひ、ふるってご参加ください。

※午前の部、午後の部、終日希望など、参加希望時間帯をお知らせください。詳細は下記プログラムをご覧ください。

【当日スケジュール】

〈午前の部〉

10:00-12:00 
ワークショップデザイナー(第1期修了生)によるキッズワークショップ(IT,造形,身体の3コンテンツのワークショップを行います。)

※ワークショップの意味と仕組みについて、ワークショップデザイナーからの解説を聞きながら、キッズワークショップを見学することができます。

〈午後の部〉

13:00-13:50 基調講演『ワークショップの学びとしての意味』(青山学院大学 教授 高木 光太郎)

14:00-15:20 パネルディスカッション『ワークショップデザイナーの可能性』

パネラー
ワークショップデザイナー育成プログラム第1期修了生代表
平田オリザ(劇作家・演出家・大阪大学教授)
相川良子(特定非営利活動法人ピアサポートネットしぶや 理事長)

15:30-16:00 活動報告(青山学院大学 教授 苅宿 俊文)

16:00-18:00 ワークショップデザイナーとの交流・ワークショップ体験コーナー等

【申し込み方法】

※氏名(ふりがな)、所属、連絡先(電話とメールアドレス)、参加希望時間帯を記入して、ファックスかeメールでお願いします。なお、定員になり次第、閉め切らせていただきます。

申込先:ファックス03-5842-5392
eメール:info@heu-le.net(担当:阿部)
[PR]
by every_tue | 2009-08-18 23:35 | お知らせ

【速報】三角フラスコ#32「星屑とボタン」【9月6日チケット予約・発売開始】

今年の秋の三角フラスコは、2007年に東京・仙台で初演した「星屑とボタン」を新たなキャストで、仙台と大阪で再演します。このブログでもお伝えしていますように、既に稽古も始まっております。

c0151311_18171323.jpg

今回、出演するのはこんな素敵な方々。

9月6日(日)よりWEB予約、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスでの販売を開始いたします。詳細はまもなく公開いたします。もうしばらくお待ちください。
[PR]
by every_tue | 2009-08-18 18:20 | お知らせ

「キーウイ」大阪公演を観た/仙台公演は今週末

昨夜は大阪で、ばんぱ_み その1「キーウィ」@ウイングフィールドを観劇しました。ただ見に行っただけ、のつもりだったのに、演出家・関川氏の策略にはまり、開演20分前にアフタートークの司会を急遽頼まれて…なんとか乗り切りました(たぶん)

大阪の虚空旅団・高橋恵さんと三角フラスコの生田が、距離を越えメールでやり取りして書き上げた、桃園会・森川万里さんの一人芝居。孤独を滲ませた森川さんの身体が非常に素晴らしかったです。まさに熱演。といった感じ。とても、面白かったです。

◎仙台公演が今週の土日にせんだい演劇工房10-BOXであります◎

こちらのメールフォームでもご予約受け付けます!お名前・ご希望日・枚数をお知らせ下さい。

たくさんの方のご来場をお待ちしております!
[PR]
by every_tue | 2009-08-11 21:55 | お知らせ