タグ:昼の花火、夜の花火 ( 5 ) タグの人気記事

「昼の花火、夜の花火」が終わって<雑感>

本日開催予定だったトークイベントは主催者都合により延期になりました。詳しい情報がわかり次第こちらでお知らせします。

c0151311_14275958.jpg


三角フラスコ#29「昼の花火、夜の花火」が終了して1週間。次回公演の準備に忙殺されていて、なんか終わった実感があんまりない。終わってからもずっと、長い長い夢を見ているような感じだ。

c0151311_14281869.jpg


今回は過去最大の出演者数だった。総勢16名。エンタテイメント系の作風なら、全然ありえる人数なのだとは思うが、三角フラスコにとっては未知の世界だった。単純に稽古場に人がたくさんいる感じが面白かった。

いちばん苦労したのが、客席だった。青年文化センターのロビーに客席を仮設したのだが、消防署の許可を得るために、いろいろ微調整を重ねた。通路の規定など、思い込みでやってたこともクリアになって、いい勉強になった。

当日は霧雨の中での上演だったため、出演者の足元が非常に心配だった。昼の回も夜の回もどうか滑らないで、とずっと願っていた。土砂降りにならなくて本当に良かった。霧雨は夜の回では照明に照らされて、とてもきれいだった。野外だからこそのマジック。

作品は、今できる最高のものを上演できたと思う。普段見慣れた、見過ごしてしまうような場所に、新しい劇的空間を作りたかった。ガラス越しに見せるという距離感も、実際やってみると心地良いものに感じた。これは三角フラスコの力というより、外部から出演していただいた俳優やダンサー皆さんの力だ。本当に感謝している。

ここを経てどこに向かうのか。今回の作品や2006年に宮城県美術館で上演した「夜とピアノ」
は、三角フラスコにとって特別公演だ。普段、劇場ではない場所で公演する。次はどうなるか分からないけれど、またいつかどこかでやりたいと思う。
[PR]
by every_tue | 2008-07-29 12:04 | 演劇制作

公演無事に終了しました&トークイベントの日時が変更になりました

火曜日じゃないけど更新。
三角フラスコ#29「昼の花火、夜の花火」は無事に終了いたしました。当日は小雨の降る中、たくさんの方にご来場いただきました。誠にありがとうございました。取り急ぎ御礼を。感想などはまた後日。

そして、先週ここで告知したトークイベントですが、主催者の事情により、7月29日(火)から延期になりました。新しい開催日がわかりしだい、またここで告知します。
[PR]
by every_tue | 2008-07-26 23:57 | お知らせ

(ほぼ)満席になりました&トークイベントに出演します

来週上演の「昼の花火、夜の花火」、おかげさまで(ほぼ)満席になりました。整理券の配布は終了しています。ほぼ、というのはWEB予約分でキャンセルが出る可能性があるからです。キャンセルが出ればその分空きが発生し、リアルタイムで受付が再開されます。タイミングはわかりません。運がよければ…という感じです。

ご予約済みのお客様にお願いです。
当日は満席になります。会場の都合により予約なしでの入場はできません。また演出の都合上、途中入場はできません。余裕を持ってご来場いただきますよう、ご協力お願いいたします。受付・開場は共に開演の45分前から行います。

というわけで、あとは作品の精度をあげて、お客さまをお迎えする準備をするという感じ。今回の作品はちょっと面白いことにチャレンジしています。どうぞお楽しみに。

<延期になりました>
そして、ひとつお知らせです。
7月29日(火)にトークイベントに出演することになりました。ポストパフォーマンストークの進行以外で人前に出るのは久しぶりなので、ちょっと緊張しますが、カフェスタイルの催しなので大丈夫、かな?

WEB上にまだ詳細情報がないようなので、ここで宣伝。

×××
「10-BOXカフェ 制作者に聞く演劇の冒険~こりゃ効くわ~!!」

2008年7月29日(火) 19:00~20:30
せんだいメディアテーク7F(goban tube cafe)

入場無料

ホスト:せんだい演劇工房10-BOX
ゲスト:森 忠治 篠谷薫子
マスター:八巻寿文(二代目工房長)

主催:財団法人仙台市市民文化事業団
問い合わせ:せんだい演劇工房10-BOX 022-782-7510
×××

(goban tube cafe)というのはメディアテークの7Fリニューアルとともに開設されたニュースポット。すごくオープンな雰囲気のスペースです。

頑張って喋りますので、どうぞこちらの方にもご来場ください。


[PR]
by every_tue | 2008-07-15 02:01 | 演劇制作

あっという間に時間は流れる

気がつけば一月経っていた。6月も終わり、気がつけば三角フラスコ#29「昼の花火、夜の花火」まで、もうあと2週間。

稽古も順調。予約も順調で、現時点で昼の回はほぼ満席です。夜の回はもうちょっと空席ありますので、どうぞ夜にご来場ください。

先週の金曜から2泊3日で「地域における制作者勉強会」に参加してきた。詳しくはレポートに書くけれど、とても有意義な3日間だった。気温の高さには往生したけれど。

大阪では3本の作品を見てきた。
・A級MissingLink「裏山の犬にでも喰われろ」@精華小劇場
・地点「三人姉妹」@芸術創造館
・空の駅舎「MONO語り マスク・THE・忍法帳 ~怪人二十面相・伝・外伝~」
どれもそれぞれ刺激を受けた。

昨日仙台に帰ってきて、涼しさにほっとした。とりあえず公演にむけて頑張るのだ、とも思った、今日から7月2週目。
[PR]
by every_tue | 2008-07-08 23:13 | お知らせ

そしてどんどん次へ次へ

「チヨコレイト」が終了した途端、次の公演の準備が本格化。同時進行で進めてきていたとは言え、手の回りきってない部分もあり、軽くスピードあげて打ち合わせだなんだと、進めています。稽古も一部スタートしてるので、どんどんやっていかないと。

詳細は調整中でいまだ正式リリースできない段階なのですが、三角フラスコ次回公演は久しぶりの野外劇。7月21日(海の日)に仙台市青年文化センターの中庭にて上演します。

三角フラスコ#29
「昼の花火、夜の花火」
作・演出 生田恵
振付 千葉里佳(BalletCompany~demain~)
出演 瀧原弘子、深雪(魚類の薔薇)、高橋康太(演劇集団Lada Trosso)、ほか

2008年7月21日(月・祝)15:00/19:00
仙台市青年文化センター 1F中庭
入場無料・完全予約制

※予約方法などはも少しお待ちください。

ちなみに会場になるのはこんなとこ。(客席は野外ではありません)
c0151311_10313746.jpg


1dayイベントな公演になるので、みなさん良かったら今から手帳にマルつけちゃってください。
[PR]
by every_tue | 2008-05-13 10:44 | お知らせ