【木曜日】中川和寿個展「石は、砂地に落ちる雨粒のように」

木曜日に、こんにちは。

私は自宅で仕事をしているのですが
1日こもりっきりということは、殆どなく
改めて考えると
毎日なんやかんや、
少なくとも小一時間くらいは
外出しています。

今日の仙台は
寒くて風も強くてちょっと迷ったのですが
午後から中川和寿さんの個展
「石は、砂地に落ちる雨粒のように」に出かけてきました。

詳細はこちら→1月個展
明日までやっています。

昨年末に
定禅寺通の「ギャルソン」というカフェで
DMを見つけてから
気になっていたのですが
会期前半は身動きがとれず
今日になってやっと見てきました。

私は中川さんの作品は初見だったのですが
とてもヒットしました。
柔らかな色調に曖昧な輪郭がツボです。

会場の使い方も良かったです。
アジア雑貨屋2階の小部屋。
濃い茶色の壁が
山小屋にいるような感覚になりました。

その壁とそこに展示された淡い色の作品たちが
不思議と調和していて
とても良い気分になりました。

1階ではポストカードも売ってました。
選んで選んで5枚購入しました。

明日の20時までやっているので
お時間のある方はぜひ見に行ってもらいたいです。

中川さんのブログ「その景色に映る色」でも
いろいろ作品画像をみることが出来ます。

では、仕事に戻ります。
木曜日の森でした。
[PR]
by every_tue | 2008-01-17 15:38 | ART


<< 三角フラスコ#28「チヨコレイ... 今年もよろしくお願いします(遅... >>